参議院選挙

【参議院選挙2019】宮城県選挙区の当落予想と立候補者一覧・最新情勢まとめ

ここでは2019年7月21日に執行される夏の参議院選挙から【宮城県選挙区】の立候補者一覧情報と当落予想の最新情勢をまとめています。

 

参議院選挙2019における宮城県選挙区の改選数は1ですが、果たしてのその選挙情勢はどのようになっていくのでしょうか?

それでは早速見ていきたいと思います!

参議院選挙2019宮城県選挙区の立候補者一覧情報

以下は記事作成時点の予想される立候補者情報です。(情報は随時更新していきます)

名前 年齢 主な肩書 党派
愛知治郎 49 副財務相
石垣のりこ 44 アナウンサー

参議院選挙2019宮城県選挙区の当落予想や情勢

次にこの立候補者情報をもとに当落予想をしてみたいと思います。

 

まず1位の当選予想は愛知治郎氏で、2位は石垣のりこかと予想します。

 

理由としては愛知治郎氏のお父さんである愛知和男氏は元衆議院議員。

4度連続でトップ当選した地元の政治家として、仙台では絶対的な存在です。

 

そして、その血を引き継いだ治郎氏も、地元で期待されている若手政治家の一人と言っていいと思います。

 

さらに愛知治郎氏は副財務相としての実績と、現職で3回も当選しているという実績があります。

財務相は現在色々世間をにぎわせているポストになりますが、愛知氏自身が失言をしたという情報はありません。

現在は離れているポストとなり、それほどマイナス要因にはならないと思われます。

 

一方、石垣のりこ氏は地元ラジオ局のアナウンサーで政治経験は全くありません。

石垣のりこ氏は容姿端麗で頭がよく、地元仙台の大学を出ていますが、ラジオを聞く人の間では有名な人かもしれませんが、全体的には知名度はそれほど高いわけではありません。

本来アナウンサーの持つ知名度は選挙においては絶対的に優位なものですが、しかし、それはテレビ局のアナウンサーに限られるのではないか?とも思います。

 

というわけで当サイト見解の当落予想は次の通りです。

  1. 愛知治郎 自民
  2. 石垣のりこ 立憲

 

仙台は商業が活発な土地、民主党が強い地盤がありますが、石垣のりこさんはまだまだ力不足の感が歪めません。

野党側としては統一候補を立てたはいいものの、やはり有権者の感覚としては野党共闘してどの様な政治を行うのかについていまいち伝わってはいないのが現状です。

野党連合も良いのだけれど、政権を取ったら、この国をどの方向に導いてゆくのかについて、明確に伝わって来ない(反対のための反対の野党であってほしくない)。

 

立憲民主党に対する市民の立場は微妙なところで、自民党より頑張ってほしいという声もありますが、旧民主党からの悪い部分を引きづっていると思われている部分もある事でしょう。

この選挙区の情勢はよほどのことが無い限り変わるのは難しいと思います。

 

野党に対して一言言いたいのは、現政府に一矢報いるだけの政治から脱却してほしいですよね。

まとめ

というわけで参議院選挙2019宮城県選挙区の立候補者情報と当落予想でした。

 

自民の愛知氏には代々の地盤があり、昔から人気のある人物です。

過去には当選もし、頑張っていたイメージがありどこの場所にいっても愛知治郎さんのポスターがよく目にしていたという声もあります。

 

3年前の参院選では現職同士の一騎打ちで自民党は敗れましたが、前回の候補を比較すると野党候補の桜井充氏の方が知名度が高かった側面があります。

 

今回の候補者選びにおいては野党側の足並みの乱れもあり一致団結して戦えない可能性もあり、おそらく全国の1人区で最後に当落が判明する位の接戦にはなるかもしれませんが、自民の愛知氏が勝つと思われます。

また新しい情報が入り次第記事を更新していきます。