参議院選挙

【参議院選挙2019】群馬県選挙区の当落予想と立候補者一覧・最新情勢まとめ

2019年7月21日に執行予定の夏の参議院選挙から【群馬県選挙区】の立候補者一覧情報と当落予想の最新情勢をまとめてみました。

 

参議院選挙2019群馬県選挙区の改選数は1。

群馬県と言えば自民党が盤石の強さを誇る地域。

福田赳夫や中曾根康弘や小渕恵三など、歴代の総理大臣を輩出してきた土地柄です。

 

それでは早速見ていきたいと思います!

参議院選挙2019群馬県選挙区の立候補者一覧情報

以下は記事作成時点の予想される立候補者情報です。(情報は随時更新していきます)

名前 年齢 主な肩書 党派
清水真人 44 県議
斎藤敦子 51 大学准教授

参議院選挙2019群馬県選挙区の当落予想や情勢

次に参議院選挙2019群馬県選挙区の当落予想や選挙情勢についてです。

まずは当落順位予想からです↓

  • 1位 清水真人候補(自民)
  • 2位 斎藤敦子候補(立憲)

という結果を予想しました👩

 

現在自民党政権に追い風が吹いており、政局は自民党から強い支持を受けた清水真人候補が圧倒的に有利で当選は確実だと考えられます。

清水候補は県議会議員ということもあり、選挙慣れしているのに加え、すでに強固な地盤ができあがっているところが強み。

自民党のバックアップもあり知名度、実績、資金力全てに上回っているため、この勝負をひっくり返すのはかなり困難ではないでしょうか。

 

一方の立憲民主党は向かい風で風当たりが強い状況です。

旧民主党議員の集まりなので未だにゴタゴタしており、いつ分裂するかもわかりません。

その点踏まえても、この選挙、清水真人氏が一歩有利だと思います。

 

また、清水真人氏には県議会議員としての実績もあるので、斎藤敦子氏より1歩先に進んでいる印象です。

主な公約には「子育て」、「虐め」、「虐待防止法等の重要性」、「地域や中小企業及び農林水産業に力を入れる」、「介護制度の見直し」、「社会保障制度のセーフティネットワーク」などを掲げています。

 

群馬県は地盤が硬く、自民交代選挙の時ですら、自民党の候補者は見かけず、どこかの応援にいっていても全く問題ないくらい、自民党派が多いのも特徴的です。

つまりどれだけ若い人が選挙に行っても変わらないくらいいつも圧勝とも言えます。

 

一人区ということもあり、野党も勢力をあげて斎藤敦子候補を支援するでしょうが地盤が違いすぎるでしょうね😓

 

ちなみに今回の参院選2019が7月21日に執行予定ですが、この選挙があるおかげで地元のお祭りの開催日を変更するという事象もあるようです。

言い換えればそのくらいの気持ちで選挙を迎える方々が多いのも良くわかりますし、群馬県はなかなかブレないのが現状とも言えるのではないでしょうか👧

まとめ

群馬県選挙区は今までは、当選4回の山本一太さんの独擅場でした。

テレビにも出演しており、抜群の知名度がありました。

前回の選挙では70%以上の得票率で圧勝していましたが、県知事選へ鞍替えすることになり、他の方が立候補することになりました。

 

群馬県は昔から、自民党がとびぬけて強いエリアですので、今回も自民党から出馬する清水さんが圧倒的有利なのは変わらないでしょう。

波乱の要素もまずないので、自民党王国は今後も続くものと思われます。

斉藤さんはどのくらい票をとれるかが注目されますが、勝利するのは難しいでしょう。

 

だたし、どちらも国会議員としては新人なので、あくまでこれらは予想にすぎず、どのような結果になるかは選挙をやってみなくてはわかりません。

お互いの主張がどのようになるかで結果も大きく変わってくることでしょう。

 

引き続き最新情勢を追っていきたいと思います👩