市議会議員選挙

福島市議会議員選挙 結果速報2019|立候補者と当選者の開票結果一覧を紹介

任期満了に伴う福島市議会議員選挙(福島県)が2019年6月30日に行われます。

定数35に対して37名が立候補した2019年の福島市議会選挙

ここでは福島市議会議員選挙(福島市議選)2019の開票速報・開票結果、立候補者名一覧、当選者落選者の得票数、選挙情勢などについてまとめていきます。

福島市議会議員選挙2019の結果速報と開票結果・当選者一覧

福島市議会議員選挙2019の開票結果は自治体やNHKなどの報道機関より発表される開票速報情報が入り次第ご紹介していきます。

結果 氏名 年齢 性別 党派 新旧
開票待ち 黒沢 仁 63 無所属
開票待ち 宍戸 一照 68 無所属
開票待ち 渡辺 敏彦 64 無所属
開票待ち 根本 雅昭 39 無所属
開票待ち 二階堂 利枝 47 無所属
開票待ち 高木 直人 51 公明
開票待ち 小野 京子 63 公明
開票待ち 萩原 太郎 64 無所属
開票待ち 石原 洋三郎 46 無所属
開票待ち 手嶋 三千男 69 無所属
開票待ち 鈴木 正実 62 無所属
開票待ち 小松 良行 57 無所属
開票待ち 粕谷 悦功 69 無所属
開票待ち 川又 康彦 53 無所属
開票待ち 梅津 一匡 43 社民
開票待ち 佐原 真紀 46 無所属
開票待ち 二階堂 武文 63 無所属
開票待ち 佐々木 優 45 共産
開票待ち 梅津 政則 52 無所属
開票待ち 大平 洋人 54 無所属
開票待ち 白川 敏明 63 無所属
開票待ち 高木 克尚 64 無所属
開票待ち 山岸 清 71 国民
開票待ち 沢井 和宏 61 社民
開票待ち 佐藤 淳子 53 無所属
開票待ち 山田 裕 64 共産
開票待ち 羽田 房男 60 無所属
開票待ち 半沢 正典 57 無所属
斎藤 正臣 44 無所属
石山 波恵 59 無所属
阿部 亨 52 無所属
後藤 善次 58 公明
小熊 省三 62 共産
丹治 誠 52 公明
村山 国子 61 共産
尾形 武 68 無所属
真田 広志 48 無所属

福島市議会議員選挙(福島市議会選挙)2019の選挙情勢

今回の福島市議会選挙には、定数35名に対して37名の立候補がありました。

党派別・新旧別の内訳は以下の通りです。

 

現職 元職 新人
公明党 3(1) 0 1 4
共産党 3(2) 0 1 4
国民民主党 1 0 0 1
無所属 23 0 5(4) 28
合計 30 0 7 37

 

現職30名、新人7名の戦いとなりました。党派別では、公明4、共産4、国民民主1、無所属28。うち女性は7名です。

 

前回2015年の選挙は、定数35に対して44名の立候補があり、現職27名、元職1名、新人7名が当選しました。投票率は47%と、2011年選挙より4%アップしました。

 

当選者の最低得票数は2011年で1483票、定数が3議席減った2015年は1820票と、ボーダーラインは上がっています。

 

前回に比べて立候補者が7名減って、無風とも言われる選挙ですが、前回はトップ当選の石原洋三郎氏が7389票と2位候補の倍以上の得票数を集めているだけに、当落ギリギリの候補にとっては1票1票が貴重なサバイバル選挙が展開されると思われます。








福島市議会選挙(福島市議選)2019が行われる福島市について

福島市は福島県中通りに位置する県庁所在地で、中核市にも指定されている人口29万人の都市です。

古くから城下町として、また生糸・織物の集積地として栄えました。

 

現在では桃や梨など果樹栽培を中心とした農業、飯坂温泉など全国的にも有名な温泉地を抱える観光都市として栄えています。またJRAの福島競馬場も市内に抱え、競馬の街としても全国的に知られています。

福島市は2011年の東日本大震災での原発事故の影響を受け、現在でも原発風評被害により、市の農業生産額は震災前の水準を下回っています。

 

また福島市の人口も2019年では28万7千人ですが、震災前の29万9千人から1万2千人減少し、震災前の賑わいを取り戻すには至っていません。

これに対して福島市では、「風格ある県都を目指すまちづくり構想」を昨年発表しました。

 

それによると、

  • 広域的な拠点地区として活力のあるまちづくりを推進します
  • 魅力的で賑わいのあるまちづくりを推進します
  • まちを楽しみ、すごせるシンボル軸・回遊空間づくりを推進します
  • 快適で住みやすいコンパクトなまちづくりを推進します

など、まちづくりの基本方針を掲げています。

 

その重点整備エリアとして、「福島駅前周辺エリア」では官民連携によるコンベンション機能の強化、「市役所周辺エリア」では公共施設の更新などの政策を掲げ、県都としての魅力ある街づくりを目指しています。

 

震災からすでに8年が経ちますが、震災の爪痕は未だ大きく、福島市議会には復興に向けて実効性のある政策のが求められています。

 

今回の選挙で選ばれる市会議員は、福島市民の期待にぜひ応えてられるよう、選挙戦を通じて実のある政策論争を交わしてもらいたいものです。

まとめ

今回は福島市議会議員選挙2019についてご紹介致しました。

2019年7月21日に行われる参議院選挙の前哨戦として、まずは地元有権者の方はその貴重な一票を投じに投票所へ行きましょう!

error: Content is protected !!